News

EVENT / 08 Sep 2016

スフェラ・エキシビション François Azambourg 個展 開催

DSC_4499_980


François Azambourg 個展
「From nature to structure : The Poetics of the materials」

2016.10.1 (Sat) - 10.30 (Sun)

11:00 - 19:00 | 水曜定休
*オープニングイベント開催の10/1のみ〜22:00
スフェラ・エキシビション(スフェラ・ビル2F)

 

スフェラが運営するギャラリースペース「スフェラ・エキシビション」では、インテリア、環境デザインの分野で幅広く活躍するデザイナー、フランソワ・アザンブール氏の個展を開催いたします。
発明家とも称されるアザンブール氏は、本質的な観察から、素材・技術・美を結びつける独自のアプローチにより、革新的なオブジェクトを生み出してきました。今回は、これまでの代表作に加え、本展のために新たに制作された作品を展示します。
本展覧会は、10/1に開催されるアートイベント「ニュイ・ブランシュ」とのコラボレーション企画です。会期中は、オープニングイベントや、ご本人をお招きしてのトークイベントも開催いたします。ぜひ、お気軽にご参加ください。



Profile | フランソワ・アザンブール
ヴィラ・メディチ 「hors les Murs」賞(2003)、「デザイン・ド・パリ」の大賞(2004)、パリ装飾美術館 のコンテスト「クリエイター・オヴ・ジ・イヤー」(2009)の受賞をはじめ、これまでカッペリーニ、エルメス、ドモー・エ・ペレス、ポルトローナ・フラウ、リーンロゼ/シナ等による国際的な展示プロジェクトに参加。応用美術の真の熟達と呼べる職人の技術と美とを結びつけるデザイナーであり、発明家とも言える。シンプルさと軽やかさを志向し、トレンドに左右されることのないオブジェクトの領域にその創作の軸をおいている。これは活動初期に製作された、全て紙で作られたコーヒーポットのデザインにも示されている。
自身の創作活動に加え、エコール・ブール国立工芸学校、エコール・カマンド装飾美術学校や国立高等工業デザイン大学(ENSCI) などのフランスの名門アート、デザインスクールで教鞭をとっている。近年では、過去20年に渡るリサーチと実験、美、構造、素材、技術の新境地への挑戦の成果としての自身のコレクションを立ち上げる。紅葉とピアノ線を素材とするオブジェ(Mobile Feuilles)、木の固まりから削り出された照明器具(Inga Lamp)、レーザーカットによる木製構造体を銅で覆ったチェア(Nice Chair)など、20近くのオブジェクトを展開。
2015年には、ヴィラ九条山にレジデントとして滞在。 www.azambourg.com


会期中のイベントのご案内


01.OPENING COCKTAIL
10.01 (Sat) 20:00 - 22:00
10/1に京都市内各所の開場で開催されるニュイ・ブランシュのイベントのひとつとして、オープニングイベントを開催いたします。展覧会に加え、遊歩道に面した0Fカフェで、ドリンクをお楽しみいただけます。


02.TALK EVENT
フランソワ・アザンブール × 眞城成男(Sfera)


10.2 (Sun) 開場 15:30 開始 16:00(終了予定18:00) 
参加費 500円 要予約

お申し込みは、下記のアドレス宛にご連絡ください。
info@ricordi-sfera.com
*件名は、「フランソワ・アザンブール トークイベント予約」
*お名前、Eメールアドレス、お電話番号、人数(複数名分お申し込みの場合)を本文中にご記載ください。


03.COCKTAIL
10.2 (Sun) トーク終了後(18:00頃予定)- 20:00
無料 予約不要
トークイベント終了後、アザンブール氏を囲んでのレセプションを予定しております。ぜひ、合わせてご参加ください。



主催:アンスティチュ・フランセ関西 & スフェラ
協力: Ayako Noguchi
協賛:ボロレ・ロジスティクス・ジャパン株式会社

ヴィラ九条山はアンスティチュ・フランセ日本の5つの支部の1つ で、ベタンクール・シューラー財団とアンスティチュ・フランセの支援を受けています。

LampeVeryNiceAPoser_web_360
MobileFeuilles_web_360

一覧に戻る

pagetop