Products

  • 01_SPR15
  • 02_SPR15
  • 03_SPR15
  • 04_SPR15
  • 05_SPR15

京竹細工

平安時代に始まり、茶の湯の文化との関わりの中で桃山時代以降に大きな発展を遂げた京都の竹工芸品。竹細工の職人技は、竹を厳選し、意匠に合わせた適切な幅や厚みを正確に判断し、鉈と小刀を使って材料を作り出すところから始まります。竹ならではの弾力と美しい曲線を指先で読み取り、丁寧に編み上げる職人技は、日本の伝統技術の源流といえます。
京都/SPR15 シリーズ

一覧に戻る

pagetop